トップページ

速読

  • 速読とは
  • 速読の効果
  • 堀江スクールの速読
  • コース紹介(速読)

聴速

  • 聴速とは
  • 聴速の効果
  • 堀江スクールの聴速
  • コース紹介(聴速)

学問のススメ

  • 右脳学習の効果
  • あなたに合った学び方
  • 更新情報

日本速読速脳協会


リンク

 

更新情報

9月相談会のご案内

08月29日

あっという間に夏休みも終わり、堀江スクールも今週より始まりました。






何とか夏休みまで頑張れば・・

と、頑張ってきたけれど、また学校が始まってしまう

これから、どうしたらいいだろう

そんな不安な気持ちになる時期だと思います。




学校へ行かなくなり、フリースクールに通い始めてから必ずお子様が通る道があります

それは「何もしない」「ゆっくり休む」こと

これは、おうちでも同じです。

「何もしない」「ゆっくり休む」とはどういうことでしょうか?

それは、肉体的なことでもそうですが、まずお子様の言動全てに関して

「干渉しない」こと

「干渉しない」とは「こうしたらいいんじゃない?」「それはだめじゃない?」など

いっさい口にしないこと。

もちろん保護者の方は、お子様のために言葉にすることが多いのですが

それは「本当に大丈夫だろうか?」という恐怖感や不安感から口に出てしまうことも多いです。

お子様は敏感ですので、「こうしたほうがいいのでは?」など言われるたび

「あなたのこと信頼してないよ」と言われているように感じてしまいます。




保護者の方の不安な気持ちは痛いほどよくわかります。

スクールへ来ても、お子さんに干渉しないことはとても難しいとおっしゃる方が多いです。

しかしながら、この干渉しなくなり初めてお子様が自分らしくいきいきと輝きだします。

なぜならお子様に指示しないこと、お子様を監視しないこと、問題視しないことは

「あなたのままですべてOKだよ」とメッセージを送ることと同じことなのですから。




では、フリースクールはどういうところなのか?

フリースクールは「学校に代わる場所」ではありません。

学校へは行かないが、フリースクールへ行けば「頑張る」のではないか・・

もちろん、自信がつき学校へ復帰するお子様もいます。

しかしそれは、十分に羽休めをしてからになります。

しっかり休んでから、しっかり自分と向き合ってからでないと

また復帰してもすぐに同じことが繰り返されてしまいます。

そして、その羽休めは「早ければ早いほうが回復が早いこと」も確かです

もし学校に行ったりいかなくなったりしている状態だったり、行かなくなっている場合

高校生より中学生で、中学生より小学生のほうが早く回復します




ただ、その羽休めは放っておけばいいのではなく、やはり保護者との関係性も見直すことが

必要な場合があります。

そんな時は、やはり第三者の立場からお子様保護者の方それぞれにサポートが

あったほうがいいのでは?と感じています。

もちろんカウンセリングだけでも、話を誰かに聞いてもらうだけでも違います。




今学校へお子様が通ってない方は、年々増加しています

学校へ行かないから、自宅にいることも、自宅学習も

お子様がのびのび過ごしているなら、とてもいいことだと思います。

しかし、もし学校へ行かないことにより、保護者の方やお子様が自分自身を

責めてしまうことがあり、毎日がつらいときは、どうぞお気軽にご相談下さい。

相談は無料になります。相談のみの方もいらっしゃいます。




いままで、よく頑張ってきました。

もう十分頑張ったし、自分のどこが悪かったのか考えに考えてきたのではないでしょうか。

不登校はだれの責任でもありません。

不登校は悪いことでも、問題でも、もちろんありません。

どうか自分を責めないでください。




同じように不登校になりスクールへ通っているお子さんはいます。

堀江スクールでは、「そのままのあなたでいい」という空間を一番大切にしています。

また「自分で人生の舵をとる権利がある」とも伝えています。

そのためには「自分が本当にしたいこと、したくないこと」を選別しなくてはなりません。

そしてそれを否定せず、自分で意思決定し歩むことができたら真の自立になります。

どうか、この時期だからこそ変化の第一歩を踏み出してみませんか?

お気軽にご相談ください。







ご相談日

日時:9月1日~

前半 午前10時~午前11時半

後半 午後1時~2時半

お申込み方法 下記までお電話でお申込みください。

☎ 0120-70-5778

●受付時間  am10時~pm3時,

※土曜、日曜、祝日はお休みになります。

●料金    無料














<