• 日本速脳速読協会宇都宮本部教室トップページ
  • 速読とは
  • 速読の効果
  • コース紹介
  • コース料金
  • 更新情報

日本速読速脳協会


速読とは|日本速脳速読協会宇都宮本部教室

速読とは「文字を正確に早く読むこと」で「飛ばし読み」や「斜め読み」といった概略的な読み方とは違い、 普通に読んで内容を早くしっかり読む「視読」です。

文章を早く読み取ることで情報処理能力を鍛えます。

膨大な情報や価値観が氾濫しているグローバルな社会で活躍できる人間に成長するには速読が必要且つ有効です。

 

 

速読トレーニングでは、読む速度(読書速度)を向上させるだけではなく 読み解く速度(読解速度)も重要視し『早く、深く、正確に』をかかげ、 トレーニングを進めています。

速読は、トレーニング によって誰でも習得することができるスキルです。

継続的トレーニングが最有効ですが、まずは体験コースへの申込から始めてください。

 

 

可塑性(脳の慣れ)

自動車で高速道路を時速100kmでしばらく走行した後、一般道路に入ると、景色が非常にゆっくりと流れるように感じます。

これは脳が高速道路のスピードに順応して、情報処理能力を高めた結果です。

このように脳は「可塑性」、つまり外部からの刺激(例えばスピードなど)に柔軟に適応できる性質を持っています。

速脳速読トレーニングは、この特性を利用したものです。

汎化作用

「見る」能力をアップさせると、「理解」「記憶」「感性」などといった、読むことに関わる他の能力もそれに追いつこうと処理能力を高めます。

脳はひとつの刺激のよってさまざまな連鎖を引き起こす「汎化作用」という性質があります。

脳全体は、つながっている神経網ですので、一部(見る能力)が活性化されると、他の領域にも波及効果が期待できます。

速読の授業風景

受講される方のペースにあわせてインストラクターが丁寧に指導させていただきます。速読での効果がたくさん得られ、喜んでいただけるようにきめ細かな対応と気配りに気をつけています。いつも教室では楽しい笑い声が響いています。

社会人速読の授業風景