リンク

 

バッチフラワー

バッチ国際教育プログラム

 バッチ国際教育プログラムは、英国バッチセンターとネルソン社の認可を受けた国内唯一の団体である、一般社団法人バッチホリスティック研究会が主催し、全国で開催されています。 バッチ教育プログラムは、バッチフラワーレメディーについて、バッチ博士から直接継承されてきた教えを、体系的に学ぶことができる世界共通の教育コースです。 バッチ国際教育プログラムのレベル1のコースはバッチホリスティック研究会のバッチ国際教育プログラムコーディネーターの統括のもと、開催県在住者であるバッチ在団登録プラクティショナーで、別途研修を受けたPTT講師が講師を勤めます。 栃木県内においては、堀江スクール代表の堀江律子が講師を勤めます。 バッチ国際教育プログラムについての詳細は、バッチホリスティック研究会Webサイトをご覧下さい。 リンク先 http://www.bachflower.gr.jp

レベル1PTT(プラクティショナー・テーチング・トレーニング)コースの授業内容

このコースでは、2時間×6回の授業を受けると、レベル1の修了書が授与されます。 このコースを受講すると、バッチフラワーレメディーについて体系的に学び、日常生活の中でレメディーを使うことができるようになります。バッチフラワーについて初めての方でも無理なく学ぶことができます。 希望者は、レベル1終了後にバッチ国際教育プログラムレベル2およびレベル3に進むことができます。またレベル3終了後は英国バッチ財団へ国際登録し、「バッチ財団登録プラクティショナー」として活動することができます。

2時間(隔週1×6回)

◆授業1回目
・バッチフラワーレメディーの概要と使用法
・レスキューレメディーTMとレスキューレメディークリームTM
・38種類のバッチフラワーレメディー 1回目 他

◆授業2回目
・38種類のバッチフラワーレメディー 2回目
・レメディーについてのワークや質疑応答
・トリートメントボトルの作成実習 他

◆授業3回目
・バッチ博士の癒しの哲学
・38種類のバッチフラワーレメディー 3回目
・レメディー体験シェアー 他

◆授業4回目
・バッチ博士の生涯
・練習問題・ディスカッション 他

◆授業5回目
・バッチフラワーレメディーの効果
・ケースと実践 他

◆授業6回目
・他者への援助
・動物へのレメディー
・植物へのレメディー